睡眠のメカニズムを知って眠れない・不眠を解消しよう

睡眠段階と睡眠周期
睡眠は、脳波・呼吸・心拍などの生理的な指標に基づいて、睡眠段階1~4とレム(rapid eye movement;REM)睡眠に分けられます。睡眠段階1~4を総称してノンレム(Non-REM;NREM)睡眠といいます。入眠すると、これらの睡眠段階が周期的に交替して出現します。1回のノンレム睡眠とレム睡眠をあわせると約90分となり、この睡眠段階の変動を睡眠周期(sleep cycle)といいます。したがって、一晩の睡眠時間が7時間程度だとすると、睡眠周期が4~5回繰り返されることになります。一晩の睡眠で繰り返される睡眠周期の中では、睡眠段階の出現の仕方が異なります。睡眠の前半では、”深い睡眠(徐波睡眠)”が多く出現し、後半では”浅い睡眠(睡眠段階2とREM睡眠)”が多く出現します。つまり、入眠直後の深い睡眠から、覚醒に向けて少しずつ浅い睡眠へと移行していくのです。
睡眠段階1
・閉眼安静時に出現するα波が消失
・緩徐眼球運動(slow eye movement/SEM)の始まり
・夢と似た心理的体験である入眠時心像がしばしば発生
・睡眠感に乏しく呼びかけなどに対しても応答可能
・いわゆる”うとうとした”段階
睡眠段階2
・ゆっくりとした脳波が増加し、時折、紡錘波という律動的な波形を示す
・SEMが止まり、呼吸が規則正しくなってくる
・呼びかけなどへの応答が低下し、睡眠感が生じる
睡眠段階3・4
・高振幅のδ波(徐波)が出現
・δ波が20~50%の場合を睡眠段階3
・δ波が50%以上の場合を睡眠段階4
・いわゆる”深い睡眠”であり、呼びかけなどへの応答性は著しく低下
・脳波の特徴から、両者を合わせて「徐波睡眠」という
REM睡眠
・脳波は覚醒期や睡眠段階1と類似
・骨格筋の緊張が著しく低下
・急速眼球運動(rapid eye movement;REM)が出現
・夢はREM睡眠中に見ているといわれる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【アルコール依存症の怖さ】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

うつの原因とそのリスクを下げるのに有効なのはセロトニン、ノルアドレナリン

わたしがうつになったことにより被った損失は1000万円以上

【これって不眠?】夜なかなか眠れない・早朝目が覚めてしまうあなたにわたしの経験を...

リラクセーションで快適な睡眠を。眠れない・不眠を解消しよう

【ただの不眠?それともうつ病?】うつ病ってこんな病気〜不眠以外の症状は?〜