【アルコールと睡眠の関係】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

不眠に悩んでいるあなた。
なんとか寝ようと、毎晩お酒を飲んでいませんか?
アルコールが寝つきをよくすることは経験的にもよく知られているため、寝酒として日常的な飲酒が始まる場合が少なく無いようです。
その繰り返しから日中にもアルコールを求めるようになり、次第に酒量のコントロールが出来なくなっていき、遂にはアルコール依存症に陥るのです。一旦アルコール依存が形成されると、アルコール依存の症状としての抑うつ状態(気分の落ち込み)も生じるため、状況はとても複雑になります。
アルコールと睡眠
アルコールは酩酊とともに眠気をもたらすことから、入眠を目的として摂取されることがありますが、それ以外にもさまざまな影響をもたらし、場合によっては睡眠障害の要因になることもあります。
睡眠構造の変化
一回の睡眠で繰り返される睡眠周期は、前半に徐波睡眠(深い眠り)が多く、後半にレム睡眠(浅い睡眠)が多くなるという構造を持っています。しかし、アルコールを摂取して入眠すると、このような自然な睡眠構造が不安定になることが知られています。
一般にアルコールを摂取すると入眠しやすくなりますが、その後の睡眠周期をみると、入眠前に取ったアルコールが多ければ多いほど徐波睡眠が増加し、レム睡眠が減少します。それとは逆に、睡眠中にアルコールが代謝されると、反動のようにレム睡眠が増加してしまうという場合もあります。
また、連日の飲酒が長期間に渡っていると、飲酒の中断がレム睡眠を増加させることもあります。
アルコールへの耐性は個人差が大きく、そのため睡眠への影響も一様ではありません。しかし、睡眠に何らかの影響を及ぼし、自然な睡眠構造を変化させることには変わりありません。睡眠構造が不安定になるということは、すなわち快適な睡眠が妨げられることを意味します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

早いうちに見つけて早く直すことが大切

【これって不眠?】夜なかなか眠れない・早朝目が覚めてしまうあなたにわたしの経験を...

【これって不眠?】わたしの経験した不眠の症状と対策

【うつ病セルフチェック】これってただの”うつ”?それとも”うつ病”?

リラクセーションで快適な睡眠を。眠れない・不眠を解消しよう

うつ病の患者数は近年激増〜今や300万人以上が罹る国民病〜