『お父さん眠れてる?』うつ病の早期発見には不眠への対策がいちばん

『お父さん眠れてる?』
ショッキングな一言ですよね。これは厚生労働省が行っている、自殺対策のうち、うつ病にフォーカスして実施している『睡眠キャンペーン』のキャッチコピーです。
うつ病にはこちらで述べているように、様々な症状があるのですが、中でも『不眠』が最も自覚しやすい症状とされています。2週間以上続く不眠は、うつ病のサインと言われており、うつ病の早期発見、早期治療に繋げようというものです。
この記事を読んでいる方は『不眠』に悩まされている方ではないかと想像しています。
この、厚生労働省の取組みのように、『不眠』が2週間以上続くようであれば、専門の精神科や、メンタルクリニック、または心療内科の受診をお勧めします。
しかし、精神科の受診には心理的に抵抗があると思います。私自身もそうでした。
では、放っておけば『不眠』は勝手に治るのでしょうか?
それは、うつ病になるリスクを自ら高めているようなものです。
一度うつ病になったら、長期の治療期間がかかり、その間多くのものを失います。私がうつ病になったことによって失ったものはこちらに詳しく書いてあります。
わたしは、あなたに決してうつ病になって欲しくありません。
そのためにもいま、アクションを起こしてほしいのです。
精神科の受診は抵抗があることでしょう。
では、ほかに何かできることはないのでしょうか?
あります。
『不眠』や『うつ病』に効果があるというサプリメントがあります。
セロトアルファの詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

睡眠環境を整えて、眠れない・不眠を解消しよう~その2:運動・入浴・嗜好品~

睡眠とストレス。ストレス・マネージメントで眠れない・不眠を解消しよう

【アルコールの影響による睡眠障害】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

睡眠のメカニズムを知って眠れない・不眠を解消しよう

不眠は○○の初期症状。重大な病気その危険性と対策

環境の変化や仕事のストレスが引き金に