【ただの不眠?それともうつ病?】うつ病ってこんな病気〜不眠以外の症状は?〜

不眠以外の症状としては
大きく分けて
1.精神症状
2.身体症状
があります。
不眠は身体症状のひとつです。
それでは、不眠以外のうつ病の症状を参考までにご紹介します。
もしかしたら、あなたにも表れているかもしれませんよ。
1.精神症状
抑うつ気分 気が滅入る、憂うつ、寂しいなど、いわゆる”気が滅入った”状態です。
興味・関心・喜びの喪失 人や物事に興味・関心がなくなり、喜び・楽しさを感じられません。
不安・焦燥 些細なことも気がかりでならなかったり、追い立てられるように感じられます。
希死念慮 自分を無価値だと感じ、生きていても仕方がないと感じます。
思考制止 いわゆる”頭の回転が悪い”状態です。これに伴い注意・集中力も減退します。
2.身体症状
”うつ病”は精神障害でありながら、その身体症状は実に多彩です。ほとんどの場合に生じるものから、出現に個人差の大きなものまでさまざまです。以下の表に、一覧としてまとめておきましょう。症状の出現率にはかなりの幅がありますので、参考程度と考えてください。
身体症状と出現率
症状
出現率(%)
睡眠障害(不眠・過眠)
82~100
疲労・倦怠感
54~92
食欲不振
53~94
口渇
36~75
便秘・下痢
42~76
悪心・嘔吐
9~48
体重減少
58~74
呼吸困難感
9~77
心悸亢進
37~60
性欲減退
60~78
月経異常
41~60
頻尿
60~70
かすみ目
23~51
めまい
27~70
耳鳴り
4~49
異常感覚
53~68
頭重・頭痛
48~89
背痛
20~39
胸痛
36
腹痛
38
関節痛
30
四肢痛
25
発汗
20~71
振戦
10~30
発疹
5
日内変動
85~95
『躁うつ病の臨床と理論』 医学書院, p99, 1990
ここでは、症状の多彩さに注目してください。つまり、”うつ病”とは無関係であるような症状も、実は”うつ病”によるものだったかもしれないということです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【アルコールの影響による睡眠障害】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

睡眠環境を整えて、眠れない・不眠を解消しよう~その2:運動・入浴・嗜好品~

【しつこい不眠】それでも早朝目が覚めるあなたにはコレ。わたしの経験した不眠と対策

わたしがうつになったことにより被った損失は1000万円以上

睡眠とストレス。ストレス・マネージメントで眠れない・不眠を解消しよう

環境の変化や仕事のストレスが引き金に