わたしがうつになったことにより被った損失は1000万円以上

不眠はうつの初期症状である可能性が高いです。
言い換えると、不眠をこじらせると、うつ病になってしまうリスクが非常に高いのです。
そうは言っても『自分だけは大丈夫』だと思っている人がほとんどだと思います。
そんなあなたが、もし万が一うつ病になってしまったときに被ることになる損失を、わたしの体験を元にお話しして、
是非、うつ病に対する備え、初動対策をとっていただきたいと思います。
わたしの場合、約1年の不眠のあと、うつ病になってしまいました。
うつ病と診断され、仕事も継続出来なくなり、それから2年半休職しました。
この2年半の間にわたしが失ったと思うものを以下にあげます。
1.課長職への昇進の機会
2.3年間の業務査定
3.3年間の残業手当約600万円
4.3年間のボーナス約600万円
5.生命保険に入れなくなった
6.住宅ローンが組めなくなった
ざっと思い巡らしただけで、これだけのものをわたしは失いました.
しかもあと半年復職が遅れれば
職そのもの
を失いかねない状況でした。
うつ病の治療は長い時間を必要とします。半年なんて誤差のうちです。
いま現在不眠に悩んでいるあなたは、
すなわち、今後これだけのものを失うリスクが非常に高い状況にあるのです。
これだけのものを守るために出来ることはなんでしょう。
一言で言えばセルフケアではないでしょうか。
では、どんなケアを行えばいいのでしょうか?
わたしはサプリメントや薬に頼りました。
しかし、それらはあくまでも不眠の対策としてのサプリメントであり、薬でした。
不眠への対処となるだけでなく、うつ病になるリスクを低減させるセルフケアには、一体どんなものがあるのでしょうか。
そんなサプリメントあるのでしょうか?
あるのです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【アルコールの影響による睡眠障害】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

うつの原因とそのリスクを下げるのに有効なのはセロトニン、ノルアドレナリン

【アルコール依存症の怖さ】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

うつ病の患者数は近年激増〜今や300万人以上が罹る国民病〜

【しつこい不眠】それでも早朝目が覚めるあなたにはコレ。わたしの経験した不眠と対策

環境の変化や仕事のストレスが引き金に