【しつこい不眠】それでも早朝目が覚めるあなたにはコレ。わたしの経験した不眠と対策

仕事が気になって、なかなか寝付けない。
いわゆる軽い入眠困難です。
忙しい現代のサラリーマンなら、そう珍しい話ではないかもしれません。
わたしもかつて入眠困難を経験しました。
最初のうちはサプリメントを利用して、なんとか克服していました。
面白いようにサプリメントが効いてくれたのです。
ですが、仕事の納期が迫るにつれて、プレッシャーも高まっていったのでしょう。
入眠はサプリメントでなんとか克服できたのですが、
それに加えて、早朝目が覚める。
いわゆる、『早朝覚醒』する日がちらほらと出てきたのでした。
当時のわたしは、終電で帰り、2時に就寝。6時起床という、4時間睡眠生活を送っていました。
ところが、4時に目が覚めるのです。
2時間しか寝ていません。
当然体は疲れが取れていません。
それでも会社に出勤していました。
しかし、そんな毎日が続くと、一週間体がもちません。
そして、ついに睡眠導入剤を手にすることになったのです。
週の半ばや、金曜の晩、土曜出勤のときは土曜の晩など、
週に二日程度『今日は寝るぞ!!』という日を作り、
睡眠導入剤で0時くらいに寝るようにしました。
使った睡眠導入剤は、エスエス製薬の『ドリエル』でした。
これを選んだ理由も、テレビコマーシャルで商品名を聞いて、頭の片隅に残っていた
という、安易なものでした。
あなたには、『風邪薬を飲んで眠くなる』という経験をしたことがありませんか?
きっと誰しも一度くらいはあると思います。
このドリエルという薬は、一言で言うと『風邪薬』です。
風邪薬の、『飲むと眠くなる』という『副作用』を利用した薬なんです。
そうやって聞くと、なんだか安心して飲めますよね。
はじめのうちはよく効きました。
入眠もバッチリ。
早朝覚醒もなく、6時くらいまで眠れました。
週に二日くらい、6時間睡眠の日をはさんで、まぁなんとか仕事をしてました。(笑)
当時は不眠なんて、バリバリ仕事をしていれば、たまにはあるさ。
と軽く考えていたので、
なんとか体が持つからいいや。
と、そんな生活を続けていました。
でも、当時のわたしは知らなかったのです。
不眠は重大な病気のサインだということを。。。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【ただの不眠?それともうつ病?】うつ病ってこんな病気〜不眠以外の症状は?〜

不眠は○○の初期症状。重大な病気その危険性と対策

様々なリラクセーション技法。眠れない・不眠を解消しよう

睡眠とストレス。何がストレスかを知り、眠れない・不眠を解消しよう

【アルコール依存症の怖さ】眠れないあなた!お酒に頼っていませんか?

環境の変化や仕事のストレスが引き金に